立命館大学 東京分室

立命館大学 東京分室の活動報告やロボットの技術に関する情報を発信していきます.

7Bot Armを自宅で動かしてみた

KickStarterで話題になった7Bot Armが届いたので,動かしてみました. fabcross.jp

f:id:standflower-m:20160701154802p:plain

初期設定を忘れないようにメモ.

1. Arduino IDEのダウンロード

7Bot ArmはArduino Dueを使用してサーボモータを制御しているので,色々いじるには下記サイトから自分のOSに合ったものをダウンロードする必要があります
https://www.arduino.cc/en/Main/Software

2. Arduino Due用のパッケージをインストール

Arduino Due用の設定は標準仕様には組み込まれていないみたいなので,公式マニュアルにしたがってインストール.

ツール>ボード>ボードマネージャを選択して... f:id:standflower-m:20160520181140p:plain

Arduino Due用のパッケージを選択すればOK f:id:standflower-m:20160520181136p:plain

3. 必要なライブラリをダウンロード

7Bot用ArduinoライブラリのリンクGitHub - 7Bot/7Bot-Arduino-lib: This is the Arduino library for 7Botと DueFlashStorageライブラリのリンク GitHub - sebnil/DueFlashStorage: DueFlashStorage saves non-volatile data for Arduino Due. The library is made to be similar to the EEPROM library.から それぞれDOWNLOAD ZIPをクリックして,まるっとダウンロード

4. 各ライブラリをインストール

ダウンロードしたライブラリはインストールしないと使用できないので,Arduinoで設定します.

まずは"7Bot-Arduino-lib-master"のフォルダを解凍して,中身を確認.f:id:standflower-m:20160529181336p:plain

"Arm7Bot"というフォルダがあるので,まるごと圧縮してzipファイルを作成します. "DueFlashStorage-master.zip"の方はダウンロードしたままでOK.
あとはスケッチ>ライブラリをインストール>.ZIP形式のライブラリをインストールをクリックして,さっき作成したZIPファイルを選択するだけ.

5. 適当なサンプルプログラムをアップロード

7BotとPCをUSBで接続します.このとき,プログラムのアップロードが完了するまでは7Botの電源は入れない方が◯.

あとはファイル>スケッチの例>Arm7Bot>Examplesを開いて,今回は'motionCtrl'のプログラムをアップロードしました.

決められたポイントへの移動を繰り返す簡単なプログラムでした. キーボードで各関節角度を操作できるプログラムを作成したので,また更新します.

京都スマートシティエキスポ2016 次世代スマートチャレンジ

2016年6月1日、2日に開催された京都スマートシティエキスポ2016で、今年から実施されることになった次世代スマートチャレンジに参加してきました!

夜行バスで朝一に京都に到着し、京都タワーの地下にある大浴場でさっぱりしたあと、キャンパスプラザ京都にてモーニング。 f:id:standflower-m:20160627161421j:plain

学生向けの施設だけあって、コスパのよい朝食が食べられました。大満足。

会場へ

キャンパスプラザ京都の中で1時間ほどミーティングをした後、京都スマートシティエキスポ2016の会場である国立京都国際会館へ移動しました。 f:id:standflower-m:20160609094346j:plain

曇ってはいるものの、新緑の爽やかなよい気候。 f:id:standflower-m:20160609094335j:plain

駅からぶらぶら歩いて、会場に到着です。 周辺になにもない、かなり田舎な感じの会場だったので、エキスポといえどわりと小規模なんだろうなと思っていた時期が私にもありました。

f:id:standflower-m:20160609094324j:plain

そうそうたる企業が名を連ねる、スポンサーボード。 京都スマートシティエキスポ自体は、2014年からスタートしたエキスポのようですね。

いよいよプレゼン

6月1日の優秀提案選定ステージでは、全応募提案の中から1次選考を通過した10組が、6月2日に行われる事業化チャレンジの参加権を獲得するべく、プレゼンを行います。

私たちのプロジェクトもそんな10組の中のひとつとして、お呼びいただいたのでした。

7分という短い時間で、ロボットに関する事前知識がない方々もいる中でのプレゼンになりましたが、全力を出しきりました!

f:id:standflower-m:20160609094356j:plain

結果

1日の優秀提案選定ステージで上位5組に選出されたため、私たちの提案は2日行われる事業化チャレンジへ進むことができました。

最終結果はこちら!

非常にありがたいことに、オムロンをいただくことができました。 提案内容に共感してくださる方が想定以上に多く、なんとしてもプロダクトを形にして、世に出さなければと決意を新たにできたイベントでした。

また、他の提案者の方とも交流ができ、色々お話を聞くことができたので非常に勉強になりました。

一仕事終えたあとに味わった伊右衛門サロンの抹茶ビールは、とてもおいしかったです。

f:id:standflower-m:20160609094311j:plain

オムロン賞をいただいたので、これからのコラボ状況や事業内容についてもまた発信していきます!

第一回サービスロボット開発技術展

5月26日,27日にインテックス大阪で開催された第一回サービスロボット開発技術展に出展してきました!

サービスロボット開発技術展って?

難しい開催概要は公式HPでご確認いただくとして... 簡単にまとめると,関西では国際ロボット展とか,それに準ずるロボットの展覧会やってないし,2020年に向けたロボット新戦略もあるし,やってみよう!という感じでしょうか.

大手企業からベンチャー企業,大学の研究室まで様々な団体が各ブースでロボットの展示やデモを行っていました.

チトセ・プロジェクトのブースは...

私たちのブースは他団体のブースとは異なり,ロボットが一台もない特殊なブースでした.

f:id:standflower-m:20160608134425j:plain

もちろん,制御式やコンセプトをまとめたポスターや説明用のディスプレイは用意していましたよ!

f:id:standflower-m:20160608134429j:plainf:id:standflower-m:20160608134434j:plain

動いたりしゃべったりするロボットのないブースに,果たして人がきてくれるのだろうかという不安はありましたが,会場にきていた様々なロボットにも対応しうる制御手法ということで,たくさんの方に足を止めていただきました! f:id:standflower-m:20160608135122j:plain

私たちの技術は人と楽しくコミュニケーションを取ったり,ロボットをコミカルに踊らせることができたり,きれいな光を出したり音楽を奏でたり,といった派手で目を引くものではありません.

でもきっと,これからの社会を本質的に便利にしていけるものであると思います.地味でも誰にも気づかれなくてもいいから,なくなったら困る技術を提供いていきたいと思います!!

日本アントレプレナー大賞 授賞式

2016年4月14日(木)に開催された,日本アントレプレナー大賞の授賞式に参加してきたので,当日の様子をレポートします!

そもそも日本アントレプレナー大賞とは

賢者の選択 リーダーズ倶楽部主催のビジネスアイデアコンテストで,日本の未来を担うアントレプレナー起業家のさらなる創出を目的に開催されました.

ヘルスケア部門,ロボット部門,エンタメ(社会貢献)部門など全5部門の募集があり,受賞者は出資と授与者およびリーダーズ倶楽部メンバーからのビジネスアドバイスを受けることができます.

チトセ プロジェクト W受賞!

私たちチトセ プロジェクトのビジネスプランはこのコンテストで, ロボット部門 澤田秀雄賞 と 日本アントレプレナー大賞の2つの賞をいただきました.

大賞の受賞者にはスピーチの時間がいただけるということで,当プロジェクトのリーダー 西田亮介がロボットビジネスに対する熱い想いを語りました.

f:id:standflower-m:20160518104907j:plain

授賞式後は...

リーダーズ倶楽部の方々との懇親会が催されました.

f:id:standflower-m:20160518104903j:plain

H.I.Sの澤田社長や...

f:id:standflower-m:20160518104857j:plain

ラクスルの松本CEOともお話をさせていただきました.

多くの方からプロジェクトへの共感や応援のお言葉をいただき,身の引き締まる思いでした!!

日本アントレプレナー大賞の副賞である,賢者の選択出演や海外視察ツアーに関しても今後発信していく予定です!

はじめまして,チトセ プロジェクトです!

いよいよ本格的にプロジェクトをスタートするということで,プロジェクト内容の紹介と今回の執筆者であるstandflower-mこと立花京について軽く自己紹介したいと思います.

チトセ プロジェクトとは?

立命館大学で同じ研究室だったロボットエンジニア二人が立ち上げた,全く新しいロボット制御系スタートアッププロジェクトです!

学生時代の研究を元に,ロボットの初期設定(キャリブレーション)を必要としない制御アルゴリズムを開発しました.

この制御技術をコアにロボットに関する知識がない方でも、 ロボットを超高精度に制御・管理できる”クラウドマネジメントサービス”を 月額課金モデルでご提供します.

『人間が使命を与え、ロボットは作業をする』

そんな世界の実現のため,メンバー全員で日々奮闘中です!! f:id:standflower-m:20160516133812p:plain

standflower-mこと立花京について

f:id:standflower-m:20160516134204j:plain

チトセ プロジェクトのロボット技術を担当しています.

専門はロボット運動制御&アクチュエータ工学で,3歳からはんだごてを握りラジオ作製に取り組んだり,試験勉強そっちのけで国技館までロボコンを見に行くほど,機械いじりやロボットに熱い想いをもっています!

立命館大学在学中は学部・修士課程の6年間を通して育英奨学金を獲得し,主席卒業・総代を務めさせていただきました.修士終了後はソフトバンク株式会社にNO.1採用で入社し,2016年5月末までwebアプリケーション開発に携わっていました.

大学で深めたロボット工学の知識と,ソフトバンクで学んだ様々なことを手に,世界を変えるロボット技術を社会に創出すべく,実験に明け暮れる毎日です.

チトセ プロジェクトの活動内容やロボットの技術などに関して,色々発信していきますので,どうぞよろしくお願いします!