立命館大学 東京分室

立命館大学 東京分室の活動報告やロボットの技術に関する情報を発信していきます.

ロボットの王国 in ハウステンボス

はじめまして,こんにちは. チトセ・プロジェクトでプロジェクトリーダーをしている西田といいます.

今回は,長崎に『ぼっち旅』をしてきたので,ハウステンボスで出会ったロボットについて,お伝えしたいと思います. (期間は2016年7月18日〜2016年7月19日です.日々アップデートされるので,今はないイベント/アトラクションがあるかもしれません)

今回の旅の目的は,ハウステンボスで開催されている「ロボットの王国」の見学です. ロボットの王国では,変なレストランというロボットが調理・給仕をしてくれるレストランや,様々な最先端ロボットが展示されているロボットの館,機動戦士ガンダムの特別ムービーが観られる企画など,ロボット三昧(ざんまい)な時間を過ごすことができます. それから,「変なホテル」というロボットだらけで運営されているホテルに泊まってきました.

ハウステンボス

僕はハウステンボスには初めて伺います. f:id:chitose-robotics:20160919030305j:plain

何の前提知識もなく行きましたが,すごく綺麗! とはいえ,ぼっち旅なので誰かにこの感動をシェアすることなく(TwitterFacebookInstagramもやってないので),淡々と写真に収めます.

ロボットの王国

さて,ロボットの王国. とても多くのロボットが展示されているので,いくつかをピックアップ.

f:id:chitose-robotics:20160919030321j:plain

まず,パトレイバー(等身大)がお出迎え.東京でトラックに積まれているのは見ていたのですが,立っているのは実は初見. 好きです.漫画全巻持ってます.パトレイバー

f:id:chitose-robotics:20160919030338p:plain

ロボットの誕生から,豆知識までをまとめたパネルが展示されていたり,産業用ロボットが動く状態で設置されていたり,コミュニケーションロボットやロボット家電/玩具以外のロボット情報も網羅しています.

ロボットのことを,こうして一般の方々にも(気持ち悪がられずに)知ってもらえる機会があるのはロボット屋さんからすると感動ものです. もちろん,流行りのコミュニケーションロボットたちもいます.

f:id:chitose-robotics:20160919030403p:plain

変なレストラン

さて,変なレストラン.

f:id:chitose-robotics:20160919030446p:plain

入り口からして,Watson 搭載のおしゃべりロボットと,簡易サーボによるロボットの2台がお出迎え.

f:id:chitose-robotics:20160919030502j:plain

僕の専門はマニピュレーション(腕のついたロボットで作業すること)なので,コミュニケーションは専門外. ロボットの前に立っても気の利いたことが言えず,撃沈しました.

さぁ,調理ロボットです.

f:id:chitose-robotics:20160919030518p:plain

安川電機の双腕ロボットですね.おそらく,顔の部分にはセンサはないのではないでしょうか. なかなかスムーズな動きでお好み焼きを焼いてくれます. 火が通るまでの待ち時間はヘラを使ったパフォーマンスで魅せてくれます. 周囲の治具を設計開発した苦労と,膨大なティーチングポイントを思うと,僕は目からオイルが漏れそうです.

次はバーテンダーロボット.

f:id:chitose-robotics:20160919030536j:plain

コップにお酒とジュースを注いでカクテルを作ってくれます. ロボットの全周囲に器具を置くのはシンプルでコンパクトでいいですね. また,注文用のコンソールでは,ロボットのエンドエフェクタ(手先)付近の様子を表示してくれます. ロボットが後ろで作業する様子が見えるようにしてあって,とても親切です.

実際に稼働するロボットは他にもあるのですが,とりあえず2体のご紹介で,ここは終了.

変なホテル

変なホテルはこちら.

f:id:chitose-robotics:20160919030551p:plain

僕が見たかったクロークロボットは元気に稼働していました.

f:id:chitose-robotics:20160919030604p:plain

ロボットの動きもダイナミックに見せれば,エンターテイメントになることの好例です. 操作対象(荷物を入れるボックス)の座標系が垂直/平面にきちっと決まっているので,ティーチングはやりやすそうです.

f:id:chitose-robotics:20160919030609p:plain

受付の恐竜ロボットの声が人間で,ちょっとびっくり. フロントの応対はロボットの方が効率がいいですね. 特にチェックアウトのときなどは,時間もまちまちなので,楽です.

まとめ

今回は,ハウステンボスのロボットをお伝えしました. ハウステンボス内で働くロボットは,どのロボットも『よく仕込まれているなぁ』という感じで,エンジニアの本気を感じました. こうしてロボットに触れられる環境がもっと増えるといいなと思いながら,長崎を後にしました.

それでは!いえー☆